ボクくるみ之介 あおいちゃんを救おう!
後ろ脚が立たない猫"くるみ之介"と家族の毎日

kanpeitomekitinatukokuruminosuketyobitarou1


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日2回目の更新です


“笑顔組”の夕霧さんの記事で知りました

“あおいちゃんを救う会”ホームページより~


main_img.jpg


東京都中野区在住の阪田碧(あおい)ちゃん(1歳1ヶ月、女の子)は
いつ命を落とすともわからない先天性の心臓疾患を持ちこの世に生を受けました

手術により若干の改善がなされましたが、依然、左室緻密化障害(拡張型心筋症の一種)
心不全、呼吸不全の症状があり、外科手術では手の施しようがなく、心臓移植をしなければ
余命半年であると医師より宣告されました

2010年7月に改正臓器移植法が施行され、15歳未満の脳死状態の患者から臓器提供が可能となり
日本国内において15歳未満のお子さんが臓器移植できる法整備がなされました
しかし、法改正から間もないこともあり、日本国内では小児の心臓のドナーがおらず
10歳以下の心臓移植の前例はまだありません

法改正は行われたものの、現状では国内における小児の心臓移植は実質不可能であり
海外の医療に頼らざるを得ない状況は法改正前と変わっておりません
何もしなければ、そのまま灯火を落とす命、あおいちゃんのご両親の阪田謙一さん
茜さんは多くの困難があろうとも、娘さんを救いたいその一心で海外での
心臓移植手術をすることを決断されました

幸いにも多くの方のお力添えにより、カナダに受け入れてくれる病院が見つかりました
しかし、海外における移植手術は、日本国の公的な医療保険の適用外であるため医療費が
多額となること、海外渡航に医療専用飛行機で行くことなどの理由で莫大な費用がかかります
あおいちゃんの場合、およそ1億円が必要となり、とても個人で賄える金額ではありません

そのため、私たちはあおいちゃんが未来へと命を繋げられるように、あおいちゃんが海外渡航し
心臓移植を行い、元気な姿で帰国するまでの費用を作るため、『あおいちゃんを救う会』を設立し
寄付金を募る活動を行うことにしました
皆様にはこの趣意にご理解を賜り、あおいちゃんの未来のために温かいご支援
ご協力を下さいますようお願い申し上げます


~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿~✿


これが自分の子供に孫に起こったことだったら・・・
いえ、それだけじゃなく子供は国の宝、世界の宝です
明日募金させていただきます

私の小さな力でも集まれば大きな力になれるのではと転記させていただきました

詳しくは“あおいちゃんを救う会”ホームページでご覧下さい



↓の日記も読んでね
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://abimama.blog104.fc2.com/tb.php/606-aca3f758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。