ボクくるみ之介 八ちゃんとの別れ・・・  続き
後ろ脚が立たない猫"くるみ之介"と家族の毎日

1kan2natu3kuu4tome5tyobi




     皆さん、八ちゃんとのお別れに、お優しいお言葉をありがとうございます
     皆さんに聞いていただけたことで私も少し救われました

     八ちゃんも大好きだった志麻ちゃんと再会できて虹の橋で仲よく遊んでいると思います

     でも、もう少しだけ私の愚痴を聞いてください。これが最後ですので・・・


line_sfairy_blue_w400.gif



     里親が、はっちゃんの容態を知らせてきたのは6月11日の夜中1時・・・
     「はっちゃんの容態が悪くて・・・今から来る?」とのこと
     『え?こんな夜中にどういうこと?そんなにひどいの?』と思っていると
     「今すぐ死んじゃうってことはないと思うけど死んでから知らせて
      何か言われてもいやだから連絡した」と…
     『・・・』言葉がでませんでした

     そんな夜中に出掛けて娘に気付かれても困ると思い、翌日行くことを伝え電話を切りました
     それからは、はっちゃんのことが心配で眠ることはできませんでした

     翌日、まず電話で詳しいことを聞いてみると、ステップを踏み外してその時怪我をしたらしく
     1週間ぐらい自分から食べないので強制給仕していて、がりがりやせてしまったとのこと

     どうしてそんなことになる前に連絡してれなかったのかと責める口調で言ってしまいました
     昨年志麻子のことがあった時に、今後家から行った子たちに何かあったら
     すぐに知らせてほしいとお願いしてありました
     そして病院へ連れて行く旨伝えると「病院へは連れて行かせない」と・・・
     だったら家で看るからと言っても「断る」とのこと

     1週間の強制給仕でそんなにがりがりに痩せることは考えにくく
     もしかしたらもっと前から具合が悪かったのではないかと思いました

     たとえ里子に出しても家で生まれた子は家の子に違いないのだから
     病院へ連れて行くと一生懸命お願いしたのですが「断る」の一点張り・・・
     その後私もケンカ口調になってしまい、「出掛けるから」と電話を切られてしまいました

     その後、毎日何度電話しても出てもらえず・・・
     私は毎日毎日八ちゃんのことが頭から離れなくなりました

     萌猫さんとお会いする約束もお断りしていたのですが
     このままでは志麻子が亡くなった時のように自分がダメになってしまいそうで
     萌猫さんに会いに行きました

     その後も毎日電話をしたのですが出てもらえず
     何となく怖くて訪ねることも出来ずにいました

     そして、26日やっと電話に出てもらえたと思ったら
     「はっちゃんは22日に亡くなりました。こっちでちゃんと弔いましたから」と

     その時も、どうしてもっと早く連絡してくれなかったのかと責めました
     志麻子が亡くなった時、何かあったらすぐに連絡してと言っていたことも言いました
     すると「でも、はっちゃんは志麻ちゃんの病気とは違うから」と・・・
     それなら尚更、病院へ連れて行けば助かっただろう!

     そしてこれから先もこのようなことがあっては困るから
     黒ちゃんミューちゃんを返して欲しいことを伝えたら
     またガチャンと電話を切られました

     今、里親の紹介者にお願いして黒ちゃんミューちゃんを取り戻す方法を考えているのですが
     その方がおっしゃるには難しいのではと・・・

     この子たちを里子に出す時に、多頭飼いと知ってお断りしました
     何度もお断りしたのですが、「だって困るんでしょう?家は大丈夫だから」と言われ
     根負け(?)して黒ちゃんミューちゃんを渡してしまいました

     その後、事あるごとに里親の家を訪ね、黒ちゃんミューちゃんの様子を見ていました
     高齢猫ちゃんもいて大丈夫かなと少しは安心しましたが
     自分の家よりたくさんの猫さんがいる家に里子に出してしまった後悔は拭えませんでした

     それなのに…その後八ちゃん志麻子を渡してしまったのは
     結局自分の弱さで、きつく断れなかったことと自分の勝手な都合でした

     私に里親を責める資格などありません
     何事もはっきりNO!と言えない自分の弱さが原因しています

     もしかしたら里親は昨年、志麻子を病院へ連れて行って家が数十万円の
     出費をしていることを申し訳ないと思っていたのかもしれません
     (私は一度もそのことを言ったことはありませんが・・・)

     正直、家はくるみ之介のことで、いつまた多額の病院代がかかるかも知れません
     そのことも気に掛けてくれていたのかもしれません・・・

     それにしても・・・
     どうして具合が悪くなってすぐに連絡してくれなかったのか
     (すみません、何度も同じことを・・・)

     未だ里親には電話に出てもらえません
     私も優しさが足りなかったかもしれません
     何とか連絡を取って黒ちゃんミューちゃんのことを見守っていきたいと思います
     そして、もし返してもらえるようなら家に連れて帰りたいと思います


line_sfairy_blue_w400.gif



     里親の家と私の家は歩いて5分なのですが、わざわざ行かないと通らない場所です
     それなのに…
     里親から電話がある2週間ほど前に娘と二人、道に迷って近くを通ったことがあります
     その時何故か「八ちゃんたち元気だよね?」と娘に言いました

     それから1週間後今度は私一人でボーっと歩いていて里親の家の近くへ行きました
     『あれ?どうしてだろう?』と思い、里親に電話をしようとしたら携帯を忘れていました
     あまり突然訪問するのは…と思い帰って来てしまいました
     
     家に帰って「何か知らないけど、○○さん家の近くに行ってたよ」と娘に話しました
     今思うと『八ちゃんに呼ばれてたのかしら?』と思い、寄らなかったことを後悔しました


line_sfairy_blue_w400.gif



     私たちが子供の頃、生まれてすぐに捨てられた猫や犬がたくさんいました
     私たち姉弟は見つけると必ず家に連れて帰り一生懸命面倒を見ましたが
     なかなか大きく育てることはできませんでした

     その頃近くに動物病院などありませんでしたし
     動物用のミルクなどもなく(あったのかもしれませんが
     簡単に手に入る時代ではありませんでした)
     飲ませてあげられるのは牛乳でした。あげていたご飯も人間と同じものでした。

     里親が育った時代も私と同じです
     (前に書きましたが、偶然福島県の小学校で同学年でした)
     だから捨てられたり外で生まれた子を黙って見ていられないのでしょう・・・

     でも、今は昔とは違います。すぐ近くにいくつも動物病院があります
     ただ医療費が高いのは困ったものですが、中には良心的に診てくださる病院もあります

     どうか病気の子を見捨てるようなことはなさらないでください
     動物を飼うのも人間の赤ちゃんを育てるのも一緒です

     今から動物を飼おうと思ってる方は、それなりの覚悟を持って飼っていただきたいと思います
     (すみません…私には言う資格がありませんね)


     長い文章を読んでくださってありがとうございました



 
        ≪あおいくまさんを待っていてくださる皆様へ≫

    お送りするのが遅くなってしまっていて本当に申し訳ございません

    『家で生まれた子を幸せに出来なくて、何がボランティアだ…』と、とても悩みました・・・

    でも、やっぱり今寂しい思いをしている動物たち、被災者の方のお役に立ちたいです

    少しづつではありますが頑張って編み始めました
    
    今週は娘の入院などもあり、なかなかすぐにとは参りませんが
    もう少しお待ちくださいますようお願い致します
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/12(火) 12:25 | | #[ 編集]
今、私がここで言っても仕方ないんですけど、どうしてそんなに頑なに病院を嫌がったんでしょう?
そりゃ、お金のかかる問題で、アビmamaさんに対して、遠慮があったにせよ、アビmamaさんは、そんなお金のことより、命を優先してくれる優しい人なのに・・・

なんとか、その家から、猫ちゃんを引き取る方法は・・・
2011/07/12(火) 12:28 | URL | ぬこ #Q2kMihjY[ 編集]
里子に出したとはいえ、元の飼い主は自分。
その自分に対する里親の非情。
いろんな軋轢があったのかも知れませんが、里子となったハちゃんが幸せであったならその軋轢も我慢できましょうが・・・
我が家に来てる人懐っこい黒猫を里親募集しようかと思ってましたが、この記事を読んでやめることにしました。
可愛がってくれる人間のもとにいることが、その猫の幸せに繋がると思ったからです。
え~、私があの黒猫を可愛がりますから・・・
なんだか自分のことを書いてるようで気が引けますが、里親と里子のについて考えさせられてしまいました。
2011/07/12(火) 13:29 | URL | dejavuewords #hdScUxTA[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/12(火) 14:11 | | #[ 編集]
深~い溜め息がこぼれました。

最初は、なんで怪我なんかでそう簡単に死ぬものかーと思ったのですが、食欲不振でしたか・・・

今どき我が子を里親に出すことはありませんが、犬も猫も実の我が子も、里親に出す時の辛い心は同じだと思います。
僕も里親ですが、元親が僕に手渡す瞬間の表情とその時の気持ちは決して忘れられませんね。
また、その元親が僕を信頼して小さな命を預けてくれたことにも大変感謝しております。それだけに里親は重い責任を感じなくてはいけませんね。

なんか今回はやりきれないなぁ
2011/07/12(火) 14:24 | URL | ヤマト #DL7C8m6w[ 編集]
何度読んでも疑問が消えません。
なんで病院に連れて行かなかったんだろう?
アビmamaさんへの気遣いをするなら、よけい病院に連れて行くべきだったと思います。
怪我をして、食欲不振にもなっているのに・・・。
これがねこじゃなく、自分の子供や親だったら、どうしたのかな。
命の重さは、人間も動物も同じですよね。
私も里親です。
捨てられていためいを保護して、うちに来るまで大切に育ててくださった保護主さんのことも考えたら、
八ちゃんのお世話も、アビmamaさんに対する里親さんの対応も、納得できません。
端から見てても、そう思います。
2011/07/12(火) 14:37 | URL | 夕霧 #KKhd1Ueo[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/12(火) 15:47 | | #[ 編集]
里子に出されたということは
今後すべての責任は
里親さんにあるのに
どうしてこの人は病院に
連れて行かれなかったのか、
不思議でなりません
命あるものと生活するという事は
楽しいことだけでなく
大変なこともたくさんあります。
それらすべてを受け止めるという事が
責任もって飼うということ。
こんな基本的なことも分かって
おられない人がいらっしゃるんなんて
とても残念です。
にゃうわん
2011/07/12(火) 16:26 | URL | にゃうわん #vJ5On1Uc[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/12(火) 17:05 | | #[ 編集]
家から5分、ご近所さんですよね。
色んな事を含め難しいです。
価値観の違い!残っている仔が心配です。でも、ご近所さんなんで大事になって
mamaさんが住みづらくなってもと思います。残っている仔、逃げ出して来ないかな~?
2011/07/12(火) 17:19 | URL | もくれん☆彡 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/13(水) 00:38 | | #[ 編集]
里親さんは里親さんで考えがあるんだよね。
ただそれはきっとアビmaamが想像出来ない考えかも知れ無い。
責める気持ちも分かるよ。
人間なら同じ事をしただろうかって思うよ。
でもその里親さんからしたら生きてる命は全て平等って思って
ないのかも知れ無いね。

人間と動物を区別してるかもね。

責めるより願いしてアンダーポジションでお話を進めてみたら?
情で訴える方が効くかもね。
ここは役者になってみたら?
2ニャンを取り戻す為なら女優になろうよ。
僕も神様にお願いするからね。
2011/07/13(水) 01:21 | URL | クリちゃんです #-[ 編集]
何故病院が嫌なんでしょう。
調子が悪かったらなおのこと、病院に連れて行くのは当たり前だと思います。
もの言わぬ子達。こちらが注意深く気にかけないといけないのに。
怒りに似た悲しみが心の中でグルグルしてます。
2011/07/13(水) 12:09 | URL | きょう@きじたろう #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/13(水) 13:29 | | #[ 編集]
うーん、そんな里親さんもいるんですね。
きっと猫はお好きで可愛がっていらっしゃるんでしょうけど・・・難しいですね。。。
2011/07/13(水) 18:45 | URL | がーこ #NUlNITz.[ 編集]
こんばんは。
自分を責める気持ちはよく解ります。
私も妹を死なせてしまった時は何年も自分を責めました。これから同じ過ちを犯さないために、そして逝った者たちの霊を鎮めるために必要な時間であったと思います。
しかしすべては元気なあびmamaさんがいて廻ること。自分を大切にし、これからもたくさんの愛を与える人でいられるようにして下さい。
里子に出した子猫たちが無事であること、そしてあびmamaさんの希望通りにことが進むことを祈っています。
2011/07/13(水) 21:51 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
見送ったあとの悲しい気持ち、痛いほどわかります。里親さんには、ベストを尽くしてほしかったね。あまり思いつめないでください。ご近所なのでいろいろ難しいこともあるでしょうから、冷静に事を運んだ方が子猫たちのためにもなると思います。
2011/07/13(水) 23:10 | URL | NEccoSun #-[ 編集]
なぜ八ちゃんまで・・・
悲しくて仕方ありません。
クリちゃんの言うように、ここは演技上手な女優になって、
2にゃんを取り戻しましょうよ!
私も猫神様にお願いします!!
2011/07/14(木) 01:27 | URL | ノンママ #-[ 編集]
かわいそうな八ちゃん・・
ご冥福をお祈りします

どうぞご自分を責めないでください

里親さんの心が溶けて2ニャンが帰ることを私も祈ってます
2011/07/14(木) 18:09 | URL | kuumama #ncI1IBmc[ 編集]
アビmamaさん、自分をせめる事はないです。
里親さんに受け入れてもらえなかったのは、
アビmamaさんのせいじゃありません!
私も、遠い長崎から子猫3匹ゆずってもらったのですが、
八ちゃんの里親さんは、どう考えても価値観が違うのだと思います。
私の知ってる人にも、犬、猫を病院へ連れて行く・・ということが
信じられない、という人もいます。
どうして、返すのを拒むのか、わかりませんが、
その方なりの愛情なのかもしれません。
どうしたらいいのか・・・
私にいい方法は考え浮かばないのですが、
私なら、やっぱりアビmamaさんのように、返して欲しいと思う。
そうなるように祈ります。
八ちゃんのご冥福を心からお祈りします。
2011/07/14(木) 21:53 | URL | きらたる #aO7ArIDQ[ 編集]
アビmamaさんの悔しいお気持ち わかります。
どうして そんなに病院を 拒んだんでしょうね・・・。

私も 乳飲み子でセンターから引き取った茶とらんを 育てましたが~毎日 毎日 病院に連れて行きました。
かかりつけ医は、運よく徒歩でも行ける近所で 茶と坊の命が助かる!!って 安心できるようになった1ヶ月間は、後から病院のレシートを見たら
いつも払う診察代など 入っていなくって 薬代のみで 診てくださっていました~動物病院とうまく付き合っていくことが 愛する家族の猫ちゃんやわんこを守る大切な ことですよね。
なにか 良い方法が ないものでしょうかね・・・。ご冥福を お祈りしています。
2011/07/18(月) 21:28 | URL | 花あじさい #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/19(火) 00:26 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://abimama.blog104.fc2.com/tb.php/527-3c7ac1e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック